趣味から職業へ

占いとは、実際には見ることが出来ないもの、例えば人の心の中や未来、運勢といったものについて判断する、またはその方法をいいます。
占いは目の前の世界のみならず、見えない世界へと思いを馳せた、想像力を源泉として長い間培われ発達してきました。
占いを学ぶということは、自分と他者との関わりを知る心理学や人間学、さらには自分と森羅万象との繋がりを学ぶことになり、幅広い探究心を持って巨大な人類の英知と接していくことになるのです。
このように、長い歴史があり、幅広い知識の習得が必要となる占いを、独学で勉強するというのは得策ではありません。
また、趣味の粋からステップアップしてプロの占い師になりたい、学んだことを生かしながら、占いとずっと係わっていきたいと思うのであれば、学校やセミナーに通い、占いの基礎をしっかりと身に付けた上で、実践的な知識を習得するのはとても良い方法だといえます。
また、独学では難しい、相手に伝えるためのスキル、コミュニケーションのとり方を身に付けられるのが、学校やセミナー受講の良い点といえます。
学校で学ぶことの長所として、学びたいことの選択肢が多く用意されており、自分でそれを選択する事が出来ます。
独学では偏りがちな知識を広げたり、新たな興味や自分の才能の可能性を発見することもあります。
学校やセミナーで、一定のラベルに達成したと認定された場合に発行される修了証は、自分のレベルやスキルアップしていく上での目安となるでしょう。

    趣味から職業へ

    占いとは、実際には見ることが出来ないもの、例えば人の心の中や未来、運勢といったものについて判断する、またはその...

    Readmore

    占いはここまで進化している

    超常現象を信じる人もいれば、まったく考えない人もいます。これは生まれながらに感じているものであるので、ある程度...

    Readmore

    目指す人が増えている

    最近、とても占いが流行っています。その流行もありまして、占い師の募集をよくやっているのをみかけます。そんな能力...

    Readmore
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2017年6月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930